日付2022/06/16

おすすめ

日本語教師におすすめの教材は?目的別に紹介!

2021年現在、日本語教師や日本語の学習、教育についての本は豊富に出版されています

グローバル化がますます進み、日本語教師の需要も拡大していく中で、インターネットの情報を含めれば情報源は無数に存在することになります。

情報が豊富なのは良いことですが、その分、かえって自分が必要としているのがどの本かわからない、説明文を読んでも違いがいまいち掴めない、と感じることも多いのではないでしょうか。

今回はたくさんの教材の中から目的別に、日本語教師を目指す方や、日本語教師になったばかりの方日本語教師として研鑽を積みたい方におすすめのものを厳選してご紹介します。

 

■日本語教師になりたい方へ:日本語教育能力検定試験に合格するための教材

日本語教師_おすすめ_教材2-1

日本語学校で教える日本語教師になるためには、一般的に以下の三つのうちどれかの条件を満たすことが必要になります。

 

・日本語教育能力検定試験に合格する

・日本語教師養成講座(420時間)を修了する

・大学または大学院で日本語教育に関する主専攻プログラムか副専攻プログラムのいずれかを修了する

 

これらの三つの条件のうち、参考書などを使って自分で対策できるものは一点目の「日本語教育能力検定試験に合格する」になります。

日本語教育能力検定試験は年に一回しか開催されず、また難易度も高いため、独学で合格を目指すにはよく準備をして受験することが必要になります。

この項目では、日本語能力検定試験に合格し、日本語教師になることを目的とする人におすすめの教材をご紹介します。

 

令和3年度 日本語教育能力検定試験 合格するための本

アルク出版編集部の発行するこちらの雑誌は毎年発行されており、ご自身の受験年度に合わせて試験傾向や頻出問題をチェックすることができます。

問題演習が豊富なのはもちろん、合格者の体験談ベテラン講師による学習法の説明なども掲載されており、一冊で日本語能力検定試験に必要な情報を網羅できます。

日本語教師になりたい人が初めて読んでみるのにおすすめの教材です。

 

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第5版

未経験からの就職率96.3%を誇る、ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座の講師陣が手掛ける参考書です。対策するべき範囲の広い日本語教育検定試験の内容をこれ一冊でカバーできます。

CD付きで「音声」分野の試験対策にも対応。日本語能力検定試験の合格を目指す人が一冊目に手に取るのにおすすめの本です。

Amazonの売れ筋ランキングでも一位を獲得しており、人気の根強さが伺えます。

実際にこちらを使いながら勉強し、現在では現役日本語教師として海外で活躍されている方もおすすめしている定番の教材です。

 

■日本語教師になったばかりの方へ:授業準備のための教材

日本語教師_おすすめ_教材2-2

日本語教師になったばかりの方は、どのように授業を進めるか、何を準備したらいいかわからないことも多いと思います。

日本語教師には日本語運用能力や文法についての知識だけではなく、どのように授業を進めていくか、どのように生徒と関わるか、といったような、訓練なしでは中々身につかない知識や能力が必要になってきます。

日本語教育能力検定試験に合格したは良いものの、いざ教壇に立つとどうしてよいかわからない、生徒の疑問にどう答えれば伝わるのかわからない、ということは往々にしてあるものです。

研修のある学校なら職場の先輩に教えてもらえるかもしれませんが、実際にはそうでないこともあります。

1人でもこうした知識を身に付けられるように、この項目では、教材づくりのヒントになるもの、授業をするにあたっての心構えを知れるものなど、授業準備をするためにおすすめの本を紹介します。

 

みんなの日本語初級Ⅰ 第2版 教え方の手引き

教科書として採用している日本語学校の多い『みんなの日本語 初級Ⅰ』のための指導書です。

現在『みんなの日本語』を使っている学校の方におすすめなのははもちろん、そうでない方にとっても、問題や教案作成の参考として使える良書です。

CD-ROMも付属しており、イラストや品詞の一覧など授業に役立つ資料が多数掲載されています。

副業の一つとして日本語教師をしている方10年以上のキャリアがある方もおすすめしており、初心者の方が安心して手に取れる教材だと言えるでしょう。
 

日本語の教え方ABCー「どうやって教える?にお答えします」

「どうやって教える?にお答えします」の副題の通り、日本語教師としての経験が浅い初心者向けに作られた本で、コピーしてすぐに使える教材も付属しています。

文系ごとに分類されているため目的の項目を探しやすく、シンプルな構成です。

用例は少なめの傾向ですが、初めて教える方にとっては過不足ないばかりか、むしろ使いやすくおすすめであると言えるでしょう。

1987年出版という古めの本ながら、初級用の参考書のおすすめとして名前の上がりやすい本でもあり、信頼できる書籍です。


 

新人日本語教師のためのお助け便利帖

新人日本語教師のための授業づくり練習帖

タイトルの通り、日本語教師を始めたばかりの人をターゲットに書かれた教材です。

「お助け便利帖」は、初心者がぶつかりやすい悩みや疑問にベテラン講師が答えてくれる本です。オンラインでの環境も増え、日本語教師としての経験を積んだ講師のアドバイスを直接聞くことも難しくなっている現在ではとても役に立つ、おすすめの書籍と言えるでしょう。

対して「授業づくり練習帖」は、授業力向上のためのトレーニング書です。様々なシチュエーションにおけるケーススタディを取り入れており、ベテラン講師陣の模範解答を参考に授業の組み立て方を学べます。こちらも、交流の少ない中で経験者からの知見を得ることのできるおすすめの書籍です。

実際に日本語教師の歴が浅い方が使用し、おすすめとして紹介されています

 

■日本語教師として研鑽を積みたい方へ:スキルアップのためのおすすめ教材

日本語教師_おすすめ_教材2-3

慣れれば慣れるほど、教材に凝ったり、より伝わりやすい授業を目指すようになるものです。そんな時、これまで使っていた初心者向けの教材では痒いところに手が届かないと感じたり、生徒のレベルに対して優しすぎると感じることもあるかもしれません。

本項目では、日本語教師として経験を積み、より面白くわかりやすい授業を目指す方や、初心者向けの教材では物足りなくなってきた方へのおすすめの教材をご紹介します。

 

一歩進んだ日本語文法の教え方(1)

一歩進んだ日本語文法の教え方(2)

文法項目についての知識だけでなく、授業をするときの心構えや文法教育に関する考えまで、日本語教育について包括的に詳しく知ることのできる良書です。

基本的な文法項目の理解が前提となるので少し難しく感じるかもしれませんが、一読することで日本語教師としてスキルアップを目指すことができるでしょう。

 

実際に台湾で日本語教師として働いている方もこちらの本をおすすめとしてあげています。(参照: https://chasoblogjapan.com/bunpousyo/

 

人と人とをつなぐ 日本語クラスアクティビティ50

体験学習の手法に着目したクラス活動を多数収録した本です。

学校で採用している教科書に沿って文法事項や慣用句を教えるだけでなく、クラス内で人間関係を築きながら「生きた日本語」を教えるのに役立つおすすめのアイデアが掲載されています。

そのまま実践してみてもよし、日本語教師として経験を積まれた方なら、ご自分のクラスの特性に合わせて自分なりにアレンジや改変を入れてみても面白いかもしれません。

体験を伴った知識は脳内に定着しやすくなる傾向にあります。スキルアップや、授業の効果向上を目指す方はぜひ授業に取り入れてみるのがおすすめです。

こちらのサイトでは、本書の他にもアイディア集や素材集が紹介されています。参考にしてみてください。

またこちらのサイトではオンラインに対応した教材などについても紹介されています。

 

音声を教える(国際交流基金日本語教授法シリーズ2)

日本語教授法の概略ではなく、発音の矯正や音声の指導に特化した教材です。

日本語をうまく発音できない学習者の発音を直すために、何を指摘しどのように練習してもらえば良いかが理論立てて説明されており、学習者が実践しやすい形式になっています。

新人の方が使ってももちろん勉強になるおすすめの本ですが、授業の進め方が身についてきて、もっと細かい部分に目を配りたいと思った時に助けになる参考書です。

日本語教育についての本の中でも高い人気を誇っており、同時におすすめされることも多いシリーズの「文法を教える」や「語彙を教える」などとともに、日本語教師の強い味方となる良書であると言えるでしょう。


 

まとめ

日本語教師_おすすめ_教材2-4

ここまでおすすめの教材をたくさん紹介してきました。気になるものを見つけることはできたでしょうか。

幸いにして日本語教師のための教材は豊富ですが、いくら多くの人がおすすめしているものであっても、自分の目的やレベルに合わないものを購入してしまってはお金の無駄になってしまいます。

 

本サイトのように、おすすめの教材を紹介しているサイトはたくさんあります。例えばこちらのサイトさんでは、目的別・教本別の詳しいレビューがまとめられています。

先輩日本語教師の意見を知ることができるこのようなサイトや通販サイトにおける各種教材のレビューなども参考にしながら、自分にぴったりの教材を選んで、目指す日本語教師像へと辿り着きましょう。

また、Amazonでの売上ランキングをいくつか紹介しましたが、honto紀伊国屋書店など、各種書店のランキングやサイトもあります。このページで紹介したような教材を手に取り、自分の好みや教材との相性がわかってきたら、このようなサイトを活用してみるのもおすすめです。大きい書店に赴いて、直接手に取りながら探してみるのも良いでしょう。内容だけでなく、レイアウトやフォントなど、自分との相性は様々な要因で決まります。たくさんの本を手に取り、自分に合う教材を選びましょう。