• 常勤・専任・主任
  • 日本語教師

教務主任

  • 日本語教師
  • 日本語学校

ソーシャルサポート日本語学校

2024年秋に日本語学校の開校予定

教育Education

契約職員として採用半年後、正社員登用となる流れが基本です。

給与・待遇Salary

※経験、能力を考慮し決定いたします。

求める人物像Person

・4大卒以上で日本語養成修了
・3年以上認定校で教えた実績

オススメのポイントPoint

  • 01LangJobについて

    当サイトは日本語教師で転職や非常勤の求人を探している皆さま向けに「日本語教師の求人」の掲載を行なっております。
    ご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。
    ※エントリー後に弊社から勝手に応募を進めることはございません。
    ※求人によっては募集が終了している場合がございます。予めご了承下さい。

  • 02イノベーションを起こす日本語学校で教務主任として専門知識を活かそう!

    開校に向けて一緒に取り組んでいただける方を探しております。
    ※採用は令和5年9月1日を予定
    契約職員として採用半年後、正社員登用となる流れが基本です。

募集要項Requirement

給与形態 月給
給与 350,000円 〜
雇用形態 常勤・専任・主任
職種 日本語教師
勤務地 大阪府池田市旭丘1丁目2−25
路線・交通手段 阪急宝塚線 石橋阪大前駅
勤務時間 09:00~18:00 残業あり 
休日休暇 土日、祝休み
福利厚生 社会保険完備
学校名 ソーシャルサポート日本語学校

一覧から探すSearch

  • 雇用形態

  • 職種

  • よく検索されるタグ

この求人に関連のある記事

日付2024/05/28/

スキル

日本語教師必見|漢字の教え方について解説

漢字って…。 どのように教えればいいの? このような疑問にお答えします。 この記事では、日本語教師に向けて『漢字の教え方』をご紹介していきます。後半部分では、「漢字を教える際のポイント」を紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 【目次】 日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ 日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント 日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の教え方が上手くなるために 日本語教師が知るべき漢字の教え方|上手い教師の真似をしましょう 日本語教師が知るべき漢字の教え方|日本語学校への転職を考えている方へ     日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ まずは「漢字の授業の流れ」をご紹介します。一般的に、漢字の授業は以下のように進行します。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ1】授業で学習する漢字の提示 漢字授業の1番目は『授業で学習する漢字の提示』です。まず、本日の授業で学習する漢字を提示します。具体的には、黒板やホワイトボードを使って漢字の形、意味、例文などを視覚的に説明します。また、生徒が新しい漢字に興味を持ちやすくするために、関連するイラストや写真も併用することがあります。漢字の授業を行う際は、学生が理解しやすいように様々な工夫をすることが重要です。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ2】漢字の読み方を確認 漢字授業の2番目は『漢字の読み方を確認』です。生徒と一緒に、提示した漢字の音読みと訓読みを確認します。まず、教師が漢字を一つずつ発音します。そして次に、生徒全員が声に出して読みます。この反復練習を通じて、生徒は漢字の音に慣れ親しむことができるでしょう。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ3】漢字を書いていく 漢字授業の3番目は『漢字を書いていく』です。教師は黒板やホワイトボードに漢字を一つずつ書き、書き順を詳しく説明していきます。そして、生徒はその説明を聞きながら、自分の漢字ノートに同じ漢字を繰り返し書いていきます。教師の説明を繰り返し書くことで、生徒は漢字の形や書き順を覚えることができるでしょう。なお、漢字を書く際には、「止め」「はね」の注意点に触れることも重要です。漢字の授業では、筆順だけでなく、漢字を正確に書くための重要なポイントである「止め」や「はね」を指導することも欠かせません。漢字の基本的な要素を理解することは、漢字の書き方を習得する上で欠かせないステップだと言えるでしょう。「【日本語教師が教える!】漢字嫌いをなくす方法」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ4】漢字の使われ方を確認 漢字授業の4番目は『漢字の使われ方を確認』です。次は、テキストや教材の中で学習した漢字がどのように使用されているかを確認します。具体的には、テキストの文章を読み、漢字がどのような文脈で使用されているかを生徒に理解させます。また、文脈によって漢字の読み方や意味が異なる場合についても説明します。実際の文章を通して漢字の使われ方を理解することで、より漢字の使用に対する自信が高まるでしょう。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ5】翻訳本で意味を調べさせる 漢字授業の5番目は『翻訳本で意味を調べさせる』です。教師は生徒に対して、理解できない漢字があった場合、すぐに翻訳本や辞書を使って意味を調べるように指導します。これにより、生徒は自分の知識を補完し、漢字を含む文章をより深く理解できるようになるでしょう。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ6】漢字カードを使って学習 漢字授業の6番目は『漢字カードを使って学習』です。漢字の説明がひと通り終わったら、教師は漢字カードを用意し、それぞれのカードに漢字の形、読み方、意味、例文などを記載します。そして、これらの漢字カードを使って、漢字のクイズやゲームを行います。漢字のクイズやゲームは、知識の定着に非常に有効です。教師は漢字カードを使ったゲームやクイズなどのアクティビティを通じて、生徒の興味を引きつけながら学習を促進できるでしょう。「日本語教育通信・授業のヒント漢字を楽しく学ぶ10分活動」や「途中で心が折れない楽しい漢字学習」や「必ずできるようになる漢字の教え方講座」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ7】漢字の小テストを行う 漢字授業の7番目は『漢字の小テストを行う』です。クイズやゲームが終わったら、学習した漢字を定着させるため小テストを行います。この小テストでは、教師が事前に指定した漢字の読み方や意味、または「漢字を含む文章」を読み書きするよう求められます。そのため、生徒は自分の理解度を確認し、必要に応じて復習や補強を行う機会となります。小テストを通じて、生徒は漢字の知識を定着させ、学習の成果を確認することができるでしょう。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の授業の流れ8】間違えた漢字がないかチェック 漢字授業の8番目は『間違えた漢字がないかチェック』です。生徒が小テストなどで間違えた漢字があった場合、教師はその漢字を正しく書き直させます。この段階では、生徒が間違いを自覚し、正しい書き方を確認することが重要です。生徒は間違いを修正することで、自分の理解度を向上させ、同じ間違いを繰り返さないようになるでしょう。「外国人スタッフの漢字学習を社内で支援するための4ステップ」でも同様のことを伝えています。   ※漢字の授業の流れについて詳しく知りたい方は「漢字の授業の流れについて解説しているサイト」や「みんなの日本語初級・漢字指導のコツ!授業の進め方【解説】」をご覧ください。     日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント ここでは、「漢字を教える際のポイント」をご紹介していきます。漢字の授業に苦手意識のある方は、ぜひ以下のポイントを意識してくださいね。なお、漢字授業の作り方について知りたい方は「日本語教師の7つ道具シリーズ2・漢字授業の作り方」や「非漢字圏クラス担当者必見!漢字学習そのものが楽しくなる教材」、もしくは「漢字の教え方について解説しているサイト」をご覧ください。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント1】漢字の成り立ちを教える 漢字を教える際のポイント1つ目は『漢字の成り立ちを教える』です。漢字の成り立ちを教えることで、一つ一つの漢字を理解して覚えることができます。したがって、漢字を教える際には、「どのようにして漢字ができたのか」を説明してください。漢字の成り立ちを理解することで、生徒は漢字を覚えやすくなり、より正確に使いこなせるようになるでしょう。なお、漢字には「象形文字」や「指事文字」など、その形が物事を表現したものが多くあります。詳しくは「日本語初級、漢字の授業で非漢字圏学習者に最初に教えるべきこと」や「日本語教育通信・日本語の教え方」をご覧ください。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント2】生活に関連する漢字を取り入れる 漢字を教える際のポイント2つ目は『生活に関連する漢字を取り入れる』です。生活に関連する漢字を取り入れることで、学習への興味を高めることができます。したがって、漢字を教える際には、「生活に関連する漢字を取り入れること」がポイントです。生活に関連する漢字を取り入れ、その漢字がどのような文脈で使われるかを生徒に示すことで、学習のモチベーションを高めることができるでしょう。「漢字の教え方について解説しているサイト」や「【日本語教育】文字を学ぶということを漢字の授業を通して考える」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント3】部首を教える 漢字を教える際のポイント3つ目は『部首を教える』です。部首を教えることで、漢字の構造や意味をより深く理解させることができます。また、部首を知ることで、似たような意味を持つ漢字をグループ化し、覚えやすくなります。したがって、部首がある漢字を教える際は、部首も一緒に教えてください。生徒が部首を理解することで、漢字をより正確に使いこなすことができるでしょう。なお、部首について詳しく知りたい方は「【JLPT指導者日本語教師必見!】漢字が苦手な学習者への効果的な指導方法とは!?」や「日本語学習者が苦労する漢字の教え方を伝授!漢字を簡単にするルールについても」をご覧ください。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント4】ストーリーやイラストを活用する 漢字を教える際のポイント4つ目は『ストーリーやイラストを活用する』です。ストーリーやイラストを使うことで、生徒の興味を引きつけ、学習の楽しさを体験させることができます。また、ストーリーやイラストを通じて、漢字が持つ文化に触れることで、生徒の理解度も深まります。したがって、漢字を教える際には、積極的にストーリーやイラストを活用してください。生徒がストーリーやイラストに共感し、楽しみながら漢字を学ぶことで、学習効果は格段に高まるでしょう。「漢字の教え方について解説しているサイト」や「日本語学校の漢字の導入ってどうやっているんですか」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字を教える際のポイント5】関連する熟語を一緒に教える 漢字を教える際のポイント5つ目は『関連する熟語を一緒に教える』です。熟語を一緒に教えることで、漢字の使い方や意味をより具体的に理解させることができます。また、熟語は日常会話で頻繁に使われるため、実際のコミュニケーションで漢字を使う際にも役立ちます。したがって、漢字を教える際には、関連する熟語も一緒に教えてください。漢字と熟語を一緒に学習することで、語彙力だけでなく、表現力もアップするでしょう。     日本語教師が知るべき漢字の教え方|漢字の教え方が上手くなるために 漢字の教え方を上達させるためには、漢字に興味を持つことが大切です。漢字への興味があると、教師はより熱心に漢字を教えることができます。また、漢字の奥深さに興味を持つことで、生徒にも漢字への関心を促すことができます。したがって、漢字の教え方を向上させたい方は、まずは漢字に興味を持つことが大切です。漢字に興味を持つことは、教師の指導力を高め、生徒の学習体験をより充実させることにつながるでしょう。     日本語教師が知るべき漢字の教え方|上手い教師の真似をしましょう 漢字の教え方が上手い教師は、優れた技術・手法を持っています。そのため、教え方を改善するためには、優れた教師の授業を観察し、真似することをおすすめします。また、同僚や上司からのアドバイスを積極的に受け入れ、自己成長につなげることも重要です。教育の世界は常に変化しているため、新しい教育方法が絶えず登場しています。したがって、自らの教育スキルを磨くためには、同僚や上司からの学びを常に取り入れ、成長し続ける姿勢が求められるでしょう。     日本語教師が知るべき漢字の教え方|日本語学校への転職を考えている方へ 日本語学校への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語学校への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語学校への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。

もっと見る
日本語教師転職会員登録