• 常勤・専任・主任
  • 日本語教師

日本語教師(専任)

  • 日本語教師
  • 昇給・昇格あり
  • 法人 株式会社三共製作所

    雇用形態常勤・専任・主任

  • 給与形態月給

    給与 250,000円 〜 380,000円

  • 勤務地大阪府大阪市大正区三軒家東5丁目2-3 BASIC日本語学院

  • 福利厚生待遇・福利厚生
    ・社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)
    ・定年 60歳(再雇用制度あり。上限65歳)

BASIC日本語学院

本校では語学教育を通じ、大学や専門学校への進学の橋渡しを行うとともに、社会見学等から、近代的な生産技術やものづくり精神にも触れていただけます。

教育Education

本校の母体は、1929年創業の三共製作所という会社です。

早くから東南アジアの人材を中心に雇用実績があり、海外と親交を深めてまいりました。今、日本企業は、少子高齢化や若者の製造業離れなど深刻な問題に直面しています。日本人のものづくりの精神やこれまで培ってきた技術を外国の優秀な若者に伝承し、人材育成で世界に貢献することは、今後の日本にとって大切な使命ではないでしょうか。技術と心を学ぶにはその前提として、語学を習得し、日本文化に触れる機会が必要となります。

本校では語学教育を通じ、大学や専門学校への進学の橋渡しを行うとともに、社会見学等から、近代的な生産技術やものづくり精神にも触れていただけます。

皆さんが希望される日本の高等教育機関への進学を勝ち取られること、日本社会での充実した生活を送られることを、私たちは目標としています。

給与・待遇Salary

月給:250,000円~380,000円
※基本給:190,000円~289,500円
・固定残業代:60,000~90,500(固定残業制。残業代は月42時間分まで月給に含まれる)。超過分は別途支給。

・試用 試用期間あり(最長3か月)雇用条件は本採用時と同じ
・昇給、賞与あり(賞与:0円~500,000円 前年度実績)
・交通費 支給有り(月額支給上限 20,000円)
JRまたは大阪メトロ線大正駅までの交通費 月2万円まで支給

求める人物像Person

募集条件

1)大学での日本語教育専攻・副専攻修了者
2)日本語教育能力検定試験合格者
3)日本語教師養成講座420時間修了もしくは修了見込みの方 
 (WEB修了生の応募可)かつ4年制大学卒業者

オススメのポイントPoint

  • 01歓迎する人物像

    クラス数増加・事務業務増加により常勤教職員の日本語教師を募集いたします。
    日本語教師で転職のために求人を探している皆さまへご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。

    BASIC日本語学院では専任講師4名、非常勤講師14名在籍しており、
    ミャンマー人、ネパール人を主として、10か国、約130名在籍しております。
    日本語を授業で教えるのはもちろんのこと、生活指導なども含め
    学生たちの成長を温かくサポートしてくださる熱意のある方を求めています。
    学生は意欲的で明るい学生が多く、楽しく勉強しています。

  • 02地域交流を行っています

    地域の日本人との交流を図るため、
    国際交流パーティや野外活動を企画し、
    学生には生きた日本語を学んでもらっています。

  • 03使用テキスト・PPT共有あり・国家資格化へのサポート相談可能

    使用テキスト:みんなの日本語・中級へ行こう・中級を学ぼう・日本語総まとめシリーズなど+できる日本語

    授業スタイル:PPTメイン
    基本、講師にお任せしています
    🌟「できる日本語」に関しては、学校でPPTを準備しております
    🌟国家資格化移行に関するサポートの有無(相談可能)

募集要項Requirement

給与形態 月給
給与 250,000円 〜 380,000円
雇用形態 常勤・専任・主任
職種 日本語教師
勤務地 大阪府大阪市大正区三軒家東5丁目2-3
路線・交通手段 大正駅 徒歩11分
勤務時間 勤務時間 8:30~17:30(休憩1h)
※平均残業時間月15時間

鍵当番のときは、8:00から19:30の間で出勤あり。
休日休暇 休暇等
・週休2日制(会社カレンダーにより、祝日出勤あり)
・有給休暇 入社日から6か月後に10日付与
福利厚生 待遇・福利厚生
・社会保険(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)
・定年 60歳(再雇用制度あり。上限65歳)
学校名 BASIC日本語学院
配属先 大阪市大正区
作業環境 ・JR大阪環状線/大阪メトロ長堀鶴見緑地線 大正駅より徒歩12分

一覧から探すSearch

  • 雇用形態

  • 職種

  • よく検索されるタグ

他の学校募集Requirement

株式会社三共製作所の募集一覧

非常勤

日本語教師(非常勤)の転職求人

大阪府 日本語教師の非常勤の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 大阪府大阪市大正区三軒家東5丁目2-3
  • 勤務時間 勤務時間 勤務時間 8:30~17:30

クラス数増加・事務業務増加により常勤教職員の日本語教師を募集いたします。
日本語教師で転職のために求人を探している皆さまへご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。

BASIC日本語学院では専任講師4名、非常勤講師14名在籍しており、
ミャンマー人、ネパール人を主として、10か国、約130名在籍しております。
日本語を授業で教えるのはもちろんのこと、生活指導なども含め
学生たちの成長を温かくサポートしてくださる熱意のある方を求めています。
学生は意欲的で明るい学生が多く、楽しく勉強しています。日本語教師の転職求人

給料 時給

2,200円 〜 2,729

似たような募集Requirement

似たような募集一覧

非常勤

日本語教師(非常勤)の転職求人

大阪府 日本語教師の非常勤の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 大阪府大阪市大正区三軒家東5丁目2-3
  • 勤務時間 勤務時間 勤務時間 8:30~17:30

クラス数増加・事務業務増加により常勤教職員の日本語教師を募集いたします。
日本語教師で転職のために求人を探している皆さまへご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。

BASIC日本語学院では専任講師4名、非常勤講師14名在籍しており、
ミャンマー人、ネパール人を主として、10か国、約130名在籍しております。
日本語を授業で教えるのはもちろんのこと、生活指導なども含め
学生たちの成長を温かくサポートしてくださる熱意のある方を求めています。
学生は意欲的で明るい学生が多く、楽しく勉強しています。日本語教師の転職求人

給料 時給

2,200円 〜 2,729

この求人に関連のある記事

日付2024/06/30/

資格

日本語教師の国家資格の難易度とは?登録日本語教員の難易度を紹介

日本語教師の国家資格である「登録日本語教員」って…難しいの? このような疑問にお答えします。 この記事では、日本語教師の国家資格『登録日本語教員の難易度』について解説していきます。後半部分では「登録日本語教員の受験要件」をご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、日本語教師の資格が“国家資格化された背景”について知りたい方は「日本語教師の国家資格「登録日本語教員」とは?取得方法や注意点を紹介!」をご覧ください。 【目次】 日本語教師の国家資格の難易度|そもそも登録日本語教員とは? 日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得方法とは? 日本語教師の国家資格の難易度|日本語教員試験の難易度とは? 日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の受験要件 日本語教師の国家資格の難易度|国家資格化されると難易度は上がるの? 日本語教師の国家資格の難易度|日本語教員試験のサンプル問題で試験対策しよう! 日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得において知っておくべきこと! 日本語教師の国家資格の難易度|日本語教師への転職を考えている方へ     日本語教師の国家資格の難易度|そもそも登録日本語教員とは? 登録日本語教員とは、日本語教育機関で日本語を教えるための資質・能力を確認し、証明するための国家資格です。簡単に言えば、日本語教師の国家資格になります。登録日本語教員は、文部科学省から認定を受けた「認定日本語教育機関」で働く際に必要な資格。そのため、認定日本語教育機関での勤務を検討している方は、登録日本語教員の取得をご検討ください。なお、登録日本語教員に関する法律「日本語教育機関認定法」は、2024年4月から施行されています。したがって登録日本語教員は、2024年4月から国家資格として認められています。詳しくは「文部科学省の公式サイト」をご覧ください。     日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得方法とは? 登録日本語教員を取得するためには、「日本語教員試験に合格する」「実践研修を修了する」「文部科学省に登録を申請する」という3つの要件をクリアしなければなりません。順番に解説していきます。   【日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得要件1】日本語教員試験に合格する 日本語教員試験は、2024年(令和6年)4月1日から導入される日本語教師の国家資格「登録日本語教員」の取得に必要な試験です。登録日本語教員を取得するためには、まず「日本語教員試験」に合格する必要があります。日本語教員試験には「基礎試験」と「応用試験」の2種類があり、どちらの試験にも合格する必要があります。ただし、登録日本語教員養成機関の実施する日本語教員養成課程を修了した方は、日本語教員試験の基礎試験が免除されます。したがって「応用試験」のみ受験となります。「日本語教師の資格取得の難易度は?」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得要件2】実践研修を修了する 登録日本語教員を取得するためには、認定日本語教育機関において実践研修を修了する必要があります。実践研修とは、実際に外国人に日本語を教える教育実習のことです。実践研修は、以下のいずれかに該当する者が受講することができます。 ①日本語教員試験の基礎試験に合格した者 ②登録日本語教員養成機関の養成課程を修了した又は修了見込みの者 なお、一定の要件を満たす場合には「実践研修」が免除されます。例えば「現職者のうち民間試験に合格した者(昭和62年4月1日~平成15年3月31日の間に実施された日本語教育能力検定試験に合格)」は実践研修が免除されます。   【日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得要件3】文部科学省に登録を申請する 最後に、文部科学省で「登録日本語教員」の登録をすれば終了です。なお、登録日本語教員の登録申請は、令和6年度から随時整備されるウェブサイト「日本語教育機関認定法ポータル」を通じて行う予定です。詳しくは「文化庁のホームページ」をご覧ください。 ※おすすめの勉強法について知りたい方は「日本語教師の資格は難易度が高い?試験の合格率やおすすめの勉強法を公開」や「日本語教師の難易度はどれくらい?なり方、勉強のポイントも解説」をご覧ください。     日本語教師の国家資格の難易度|日本語教員試験の難易度とは? 日本語教員試験の難易度は、まだ公開されていません。そのため、具体的な難易度について詳細に説明することはできませんが、「令和6年度日本語教員試験の実施要項」をもとに、ある程度の目安をお伝えすることは可能です。以下、文部科学省の公式サイトに掲載されている「令和6年度日本語教員試験実施要項」の内容です。   【試験の構成】          試験時間        出題数         出題形式       配点 基礎試験       120分          100問      選択式         1問1点                                 (計100点) 応用試験       聴解:50分     聴解:50問     選択式         1問1点           (休憩)     読解:60問                (計110点)          読解:100分   【出題範囲】 「登録日本語教員 実践研修・養成課程コアカリキュラム」(令和6年3月18日 中央教育審議会生涯学習分科会日本語教育部会決定)の養成課程コアカリキュラムに おける必須の教育内容から出題。   【試験実施期日】 2024年11月17日(日)   【合格基準】 ①基礎試験 必須の教育内容で定められた5区分において、各区分で6割の得点があり、か つ総合得点で8割の得点があること。 ②応用試験 総合得点で6割の得点があること。 ※基礎試験、応用試験とも、年度ごとの難易差等により合格基準の調整を行うことがある。   「基礎試験」「応用試験」ともに、およそ60%以上の得点が必要とされています。したがって、日本語教員試験の合格ラインは、およそ60%以上と言えます(基礎試験は総合得点で80%以上)。また、「基礎試験」「応用試験」ともに、記述式の問題はなく、全て選択式の問題で構成されています。そのため、受験者は各問題に対して最適な選択肢を選ぶ形式となります。選択式の問題は、記述式の問題に比べて回答がしやすいです。したがって、比較的容易な試験だと考えられます。なお、試験に合格するための勉強方法について知りたい方は「日本語教師になる為の検定の難易度や合格率」や「日本語教師資格が取得できる日本語教育能力検定試験とは?難易度や合格率、勉強方法について解説!」、もしくは「日本語教師に必要な資格は?〜難易度・合格率の実情〜」や「日本語教師の資格の合格率は?日本語教育能力検定試験を一発合格するためのポイント」や「日本語教育能力検定試験について難易度や勉強法を解説」をご覧ください。     日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の受験要件 登録日本語教員の資格には、「受験要件」がありません。学歴や年齢だけでなく、国籍も不問です。つまり、所定の講座や試験をパスすれば、中卒・高卒・専門学校卒・短大卒でも登録日本語教員になれます。「日本語教師の国家資格【日本語教員試験】を現役講師が徹底解説」でも同様のことを伝えております。     日本語教師の国家資格の難易度|国家資格化されると難易度は上がるの? 日本語教師の資格が「民間資格」から「国家資格」になったことにより、試験の難易度が上がったかどうかは不明です。ただし一般的に、民間資格から国家資格化されることで人気が高まり、競争が激しくなる傾向があります。そして人気が出た結果、資格取得の難易度が上がっていくことはあります。したがって、今後、日本語教員試験の難易度が上がる可能性は十分に考えられます。「日本語教師の国家資格化について解説している記事」や「日本語教師の難易度と取得するメリットは?国家資格化は?」でも同様のことを伝えています。     日本語教師の国家資格の難易度|日本語教員試験のサンプル問題で試験対策しよう! 現在、文部科学省の公式サイトで「令和6年度日本語教員試験の出題内容及びサンプル問題」が公開されています。試験対策を万全にするためには、最新の出題内容とサンプル問題をチェックすることが重要です。したがって、令和6年度の日本語教員試験を受験する方は、出題内容とサンプル問題を必ずチェックしてください。公式サイトに掲載されている出題内容やサンプル問題を利用して、試験の形式や傾向を把握し、自分の弱点を補強しましょう。日本語教員試験の出題内容とサンプル問題については「文部科学省の公式サイト」をご覧ください。     日本語教師の国家資格の難易度|登録日本語教員の取得において知っておくべきこと! 前述した通り、文部科学省から認定を受けた「認定日本語教育機関」で日本語を教えるためには、国家資格「登録日本語教員」を取得する必要があります。つまり、「認定日本語教育機関以外で日本語を教える場合」には、日本語教員試験に合格している必要はありません。あくまで「認定日本語教育で日本語を教える場合」に必要な資格です。したがって、認定日本語教育機関以外で日本語を教える方は、登録日本語教員を取得する必要はないと言えます。ただし、資格があることで教育機関からの信頼性が高まり、求職活動において有利になる可能性があります。そのため、日本語教師を目指している方には「日本語教育に関する資格」の取得をおすすめします。日本語教育に関する主な資格には「日本語教育能力検定試験」があります。日本語教育能力検定試験について詳しく知りたい方は「日本語教育能力検定試験について」や「誰だって合格できる?!日本語教育能力検定試験」、もしくは「本語教育能力検定試験の合格点は?合格率の推移も解説!」や「日本語教育能力検定試験とは?難易度や合格率、おすすめの勉強方法」や「日本語教育能力検定試験とは?お役立ち情報まとめ」をご覧ください。     日本語教師の国家資格の難易度|日本語教師への転職を考えている方へ 日本語教師への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語教師への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語教師への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。

もっと見る
日本語教師転職会員登録