日付2024/05/14

資格

日本語教師養成講座の選び方について解説!

日本語教師養成講座って…。

何を基準に選べばいいの?

このような疑問にお答えします。

この記事では、『日本語教師養成講座の選び方』をご紹介していきます。後半部分では、日本語教師養成講座を受講する「メリット」や「デメリット」について解説していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

【目次】
日本語教師養成講座の選び方とは?そもそも日本語教師養成講座ってなに?
日本語教師養成講座の選び方とは?
【日本語教師養成講座の選び方1】受講期間を基準に考える
【日本語教師養成講座の選び方2】ライフスタイルを基準に考える
【日本語教師養成講座の選び方3】将来の勤務先を基準に考える
【日本語教師養成講座の選び方4】受講料金を基準に考える
日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師養成講座を受講するメリット
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット1】実践的な内容を学べる
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット2】日本語教育能力検定試験の対策講座もセットで受講できる
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット3】就職サポートをしてくれる
日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット1】修了まで半年以上かかる
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット2】地方は校舎が少ない
【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット3】受講料が高い
日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師への転職を考えている方へ
まとめ

 

 

日本語教師養成講座の選び方とは?そもそも日本語教師養成講座ってなに?

日本語教師養成講座の選び方とは?そもそも日本語教師養成講座ってなに?

まずは、「日本語教師養成講座」について説明します。日本語教師養成講座は、文字通り日本語教師を養成するための講座です。日本語教師養成講座では、言葉を教える技術だけでなく、言葉と文化・社会との関わりについても学びます。そのため、日本語教師養成講座を受けることで「専門的知識」や「実践スキル」を身につけることができます。なお現在、日本語教師になるための基本的なルートには、以下の3つがあります。

① 文化庁の認める420時間以上の日本語教育に関する研修を受講
② 日本語教育能力検定試験に合格
③ 四年制大学で日本語教育を専攻

日本語教師養成講座を修了することで①を満たすことができます。②の「日本語教育能力検定試験」に関しては、一般的に対策講座が設けられています。したがって、検定試験に苦手意識がある方でも安心して試験に臨むことが可能です。「日本語教師について解説しているサイト」でも同様のことを伝えています。

 

※法務省告示の日本語教育機関で就労する場合、修了に加え、学士資格または「日本語教育能力検定試験合格」を有する必要があります。「文化庁のホームページ」や「日本語教師養成を実施する大学」、もしくは「一般社団法人全国日本語教師養成協議会のホームページ」や「日本語教師になるには?資格の取り方や仕事・求人状況を解説」や「日本語教師になるには?仕事内容や働き方、資格取得方法について解説」でも同様のことを伝えています。

 

 

日本語教師養成講座の選び方とは?

日本語教師養成講座の選び方とは?

ここでは、日本語教師養成講座の選び方をご紹介します。日本語教師養成講座の受講を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【日本語教師養成講座の選び方1】受講期間を基準に考える

日本語教師養成講座の選び方1つ目は『受講期間を基準に考える』です。日本語教師養成講座を修了するまでの期間は平均で1年ですが、最短6ヶ月で修了できるコースもあります。そのため、お急ぎの方は最短コースをおすすめします。日本語教師養成講座のコースについて詳しく知りたい方は「日本語教師養成講座の紹介をしているサイト」や「日本語教師養成講座の詳細」、もしくは「日本語教師養成講座のおすすめ人気ランキング10選」や「東京都でおすすめの日本語教師養成講座」をご覧ください。

 

【日本語教師養成講座の選び方2】ライフスタイルを基準に考える

日本語教師養成講座の選び方2つ目は『ライフスタイルを基準に考える』です。日本語教師養成講座には、「完全通学形式」と「通学+通信形式」の2つのパターンがあります。そのため、日本語教師養成講座を受講する際は、自身のライフスタイルを考慮して選択することが重要です。なお、対面の授業で知識と技術をバランスよく身につけたい方には「完全通学形式」が適しています。一方、時間的な余裕がない方や、自分のペースで進めたい方は「通学+通信形式」の講座を選択するといいでしょう。「完全通学形式」と「通学+通信形式」について詳しく知りたい方は「日本語教師養成講座について解説しているサイト」や「日本語教師養成講座とは」、もしくは「日本語教師養成講座について解説しているサイト」や「日本語教師の資格取得420時間総合コースを紹介」をご覧ください。

 

【日本語教師養成講座の選び方3】将来の勤務先を基準に考える

日本語教師養成講座の選び方3つ目は『将来の勤務先を基準に考える』です。法務省告示の日本語教育機関で働けるのは、文化庁が認めた日本語教師養成講座で420時間以上の研修を修了し、かつ「大学卒業者のみ」と決められています。したがって、将来的に法務省告示の教育機関で教鞭をとりたい方には、文化庁に届け出が受理されている「420時間以上の講座」をおすすめします。日本語教師養成講座の講座内容について詳しく知りたい方は「日本語教師養成講座とは」や「420時間日本語教師養成講座に申し込む前に」、もしくは「日本語教師の資格取得420時間通信コースを紹介」や「日本語教師養成講座について解説しているサイト」をご覧ください。

 

【日本語教師養成講座の選び方4】受講料金を基準に考える

日本語教師養成講座の選び方4つ目は『受講料金』です。試験対策がメインの講座は、文化庁に届け出が受理されている「420時間以上の講座」に比べると費用が安い傾向にあります。したがって、受講料金を安く抑えたい方には「試験対策に特化した養成講座」をおすすめします。ただし前述の通り、文化庁に認可されていない講座を修了した場合、法務省告示の教育機関では働けません。ワークショップや公共施設などで行われるボランティア教室などで日本語を教えることになります。また、試験対策が焦点となっているため、実践的なスキルの習得が難しい可能性もあります。したがって、「試験対策に特化した養成講座」を受講する際は、慎重に検討してから選択することをおすすめします。日本語教師養成講座の受講料金について詳しく知りたい方は「日本語教師養成講座の受講料金を紹介しているサイト」や「日本語教師養成講座とは」、もしくは「おすすめの日本語教師養成講座のスクールと講座選びのポイントを解説」や「日本語教師養成講座について解説しているサイト」をご覧ください。

 

 

日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師養成講座を受講するメリット

日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師養成講座を受講するメリット

ここでは、「日本語教師養成講座を受講するメリット」をご紹介します。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット1】実践的な内容を学べる

日本語教師養成講座を受講するメリット1つ目は『実践的な内容を学べる』です。日本語教師養成講座には、教育実習が含まれています。そのため、日本語教師養成講座を受講することで、実践的な内容を学ぶことができます。「日本語教師養成講座について解説しているサイト」や「日本語教師養成講座とは?概要と人気のスクールを紹介」でも同様のことを伝えています。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット2】日本語教育能力検定試験の対策講座もセットで受講できる

日本語教師養成講座を受講するメリット2つ目は『日本語教育能力検定試験の対策講座もセットで受講できる』です。近年、日本語教師養成講座に「日本語教育能力検定試験の対策講座」がついたセットコースを提供するスクールが増えています。そのため、わざわざ日本語教育能力検定試験の対策講座を受講する必要はありません。セットコースを受講すれば、効率よく試験対策を進められるため、試験に合格しやすいでしょう。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するメリット3】就職サポートをしてくれる

日本語教師養成講座を受講するメリット3つ目は『就職サポートをしてくれる』です。近年、どのスクールも受講生の就職率アップを目指しています。そのため、どのスクールでも基本的には就職のサポートまでしてくれます。スクールによっては、求人情報の提供だけではなく、専門のキャリアカウンセラーによる「面接対策」や「応募書類の添削」も行っていますよ。日本語教師養成講座を受講することで、日本語教師としてのキャリアをスタートさせるための一歩を確実に踏み出すことができるでしょう。

 

 

日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット

日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット

続きましては、「日本語教師養成講座を受講するデメリット」をご紹介します。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット1】修了まで半年以上かかる

日本語教師養成講座を受講するデメリット1つ目は『修了まで半年以上かかる』です。日本語教師養成講座を修了するまでにかかる期間は平均で1年。短くて半年はかかります。したがって、最低でも半年間はスケジュールを空けておく必要があるでしょう。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット2】地方は校舎が少ない

日本語教師養成講座を受講するデメリット2つ目は『地方は校舎が少ない』です。大都市では、日本語教師養成講座を受講できる校舎が複数あります。しかしながら、地方においては校舎の数が限られている場合があります。そのため、地方では通学するための移動時間・費用がかかる可能性があるでしょう。

 

【日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット3】受講料が高い

日本語教師養成講座を受講するデメリット3つ目は『受講料が高い』です。日本語教師養成講座の受講料は、50万円前後が相場です。したがって最低でも50万円は準備する必要があります。受講料50万円前後は、決して安くはない金額であるため、日本語教師養成講座のデメリットだと言えるでしょう。

 

 

日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師への転職を考えている方へ

日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師への転職を考えている方へ

日本語教師への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語教師への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語教師への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。

 

 

まとめ

では、これまでの内容をまとめると

日本語教師養成講座の選び方とは?そもそも日本語教師養成講座ってなに?
日本語教師養成講座の選び方とは?
日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師養成講座を受講するメリット
日本語教師養成講座の選び方とは?受講するデメリット
日本語教師養成講座の選び方とは?日本語教師への転職を考えている方へ

以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

日本語教師関連の求人Requirement

日本語教師募集一覧
NEW

非常勤

【業界高収入✨】日本語学校【非常勤】川越勤務の転職求人

埼玉県 日本語教師の非常勤の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 埼玉県川越市新宿町3-21-1
  • 勤務時間 勤務時間 【勤務時間・曜日】 月曜~金曜 ① 8:30 ~12:30(午前クラス)4コマ ②13:00~16:30(午後クラス)4コマ その他非常勤講師と調整のうえで業務シフトを調整いたします。 基本的には固定曜日の①又は②で勤務をしていただきます。 勤務可能曜日は相談ください。

当サイトは日本語教師で転職や非常勤の求人を探している皆さま向けに「日本語教師の求人」の掲載を行なっております。
ご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。
※エントリー後に弊社から勝手に応募を進めることはございません。
※求人によっては募集が終了している場合がございます。予めご了承下さい。日本語教師の転職求人

給料 時給

2,000円 〜 2,500

非常勤

日本語教師の転職求人

東京都 日本語教師の非常勤の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 東京都豊島区池袋3-28-1
  • 勤務時間 勤務時間 【非常勤】:午前クラス 9:00~12:35  午後クラス 13:00~16:35

国際アカデミー日本語学院 池袋校は、進学に力を入れている日本語学校です。
授業には、日本の新聞や雑誌、テレビ番組、J-POPなど日本国内でないと触れられない生教材を取り入れ、
政治、経済、文化、芸術・芸能からサブカルチャーに至るまで、日本について様々な分野の理解を助ける取り組みがなされています。
進学実績も豊富で、進学指導をしっかりされたい方には良い環境となっております。日本語教師の転職求人

給料 時給

2,000円 〜 2,200

常勤・専任・主任

函館市の主任教員募集!大原公務員・医療事務・ 語学専門学校函館校の転職求人

北海道 日本語教師の常勤・専任・主任の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 北海道函館市
  • 勤務時間 勤務時間 〈勤務時間〉 8:30~17:30(休憩1時間) ※1ヵ月単位の変形労働時間制 〈転勤〉 ・転勤の可能性あり

北海道の大手専門学校にある、日本語学科です。
主任にて勤務お考えの方、募集しております!日本語教師の転職求人

給料 月給

240,000円 〜

常勤・専任・主任

★専任★未経験も相談OK!【墨田区勤務】日本語学校の転職求人

東京都 日本語教師の常勤・専任・主任の日本語教師転職求人

  • 勤務地 勤務地 東京都墨田区向島2-18-5
  • 勤務時間 勤務時間 8:30~17:30 

当サイトは日本語教師で転職や非常勤の求人を探している皆さま向けに「日本語教師の求人」の掲載を行なっております。
ご質問などございましたら、お気軽へお問い合わせください。
※エントリー後に弊社から勝手に応募を進めることはございません。
※求人によっては募集が終了している場合がございます。予めご了承下さい。日本語教師の転職求人

給料 月給

220,000円 〜

日本語教師転職会員登録