面接に関する日本語教師転職記事MEDIA

3件中 1〜3件を表示

日付2023/11/21/

未経験

日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方とは?

面接で転職理由を聞かれたら… どのように答えればいい? このような疑問にお答えします。 この記事では、日本語教師への転職を考えている方に向けて「面接で転職理由を聞かれたときの答え方」をご紹介します。後半部分では「転職理由の例文」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、日本語教師になる方法について知りたい方は「未経験で日本語学校の日本語教師になるには?」や「未経験から日本語教師になる方法」をご覧ください。 【目次】 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で必ず質問される転職理由とは? 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方1】ポジティブに伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方2】具体的に話す 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方3】言わないことを決めておく 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方4】志望動機と一貫性を持たせる 日本語教師を目指す未経験者必見|なぜ面接で転職理由を聞くの? 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的1】仕事に対する考え方を知るため 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的3】活躍できる人材かを判断するため 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点1】愚痴や悪口を言わない 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点2】嘘をつかない 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点3】例文を丸暗記する 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく転職理由を伝える自信のない方へ まとめ     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で必ず質問される転職理由とは? まずは、「転職理由」について説明します。転職理由とは「なぜ転職をしようと思ったのか?」ということ。「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」を見極めるために行う、最も象徴的な質問が“転職理由”についての質問です。そのため、間違ったことを言うと面接官の心証を損ねる可能性があります。理想の転職を実現するためにも、転職理由をしっかりと考えておきましょう。なお、日本語教師の主な転職理由について知りたい方は「日本語教師は就職・転職先をどう選ぶ?転職する理由は?313人へ調査してみた!」をご覧ください。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方 それでは、「面接で転職理由を聞かれたときの答え方」をご紹介していきます。日本語教師への転職を考えている方は、ぜひ下記の内容を参考にしてくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方1】ポジティブに伝える 転職理由には、少なからず「ネガティブな要因」が含まれています。したがって、ありのまま伝えるべきではありません。転職理由では、可能な限り「ポジティブな表現」に置き換えることが重要です。転職理由にネガティブな内容を記載すると、面接官から好印象を得ることが難しくなるため、ご注意くださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方2】具体的に話す 転職理由を言いたくないからといって、はっきりとした回答をしないのはいけません。曖昧に質問をかわそうとしても面接官の心証を損ねるだけです。転職理由を聞かれた際は具体的に伝えましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方3】言わないことを決めておく 会社を辞めようと思った理由をすべて打ち明ける必要はありません。ネガティブな転職理由を正直に伝えてしまうと、単なる不平不満と受け取られ、マイナス評価につながる可能性があります。ですので、企業に感じていた「不平不満は言わない!」と決めて面接に臨むといいでしょう。ただし、聞かれた場合には答える必要がありますので、うまく伝える準備はしておいてくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方4】志望動機と一貫性を持たせる 転職理由と志望動機の間には一貫性があることが重要です。両者が食い違っていたり、矛盾していたりすると、面接官から警戒される可能性があるため、ご注意ください。転職理由を志望動機に結びつけて説明することで、「自身の目標を持ち、入社後も実績を上げる意欲を持つ人材」としてアピールできるでしょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|なぜ面接で転職理由を聞くの? 面接官は、なぜ転職理由を聞くのでしょうか。ここでは、面接官が「転職理由を聞く目的」をご紹介します。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的1】仕事に対する考え方を知るため 面接官は転職理由を通じて、「あなたの仕事に対する考え方」や「どのような価値観を大切にしているか」を評価しています。日本語学校には独自の「教育理念」や「教育方針」がありますので、考え方が合わないと離職の可能性が高まります。そのため、転職理由から「あなたの仕事観」を把握し、マッチするかを確かめております。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的2】短期離職を避けるため 面接官は、転職理由を尋ねる際に「同じ理由ですぐに辞めてしまわないか」をチェックしています。なぜなら、短期間での離職が発生すると、企業が採用にかけた「費用」や「時間」が無駄になってしまうからです。企業としては、採用に費やした資源を無駄にしたくないと考えておりますので、これは当然のことですね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞く目的3】活躍できる人材かを判断するため 例えば、あなたの転職理由がコミュニケーションの問題だとします。この場合、応募する職種に「コミュニケーション力」が必要だと活躍できません。つまり、面接官は転職理由を聞いて、自社での適性を判断しているのです。もちろん、これは判断の一要素に過ぎません。最終的な評価は面接全体を通じて行われますので、転職理由だけで「活躍できる人材かどうか」を判断されることはないでしょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文 続きましては、「面接で使える転職理由の例文」をご紹介していきますね。なお、日本語教師に転職する際の志望動機について知りたい方は「日本語教師の転職と志望動機の書き方(例文あり)」や「日本語教師の志望動機と例文・面接で模擬授業はある?」、もしくは「もう迷わない!日本語教師になりたい人必見の志望動機例とポイント」や「教員・教師の志望動機の書き方【例文あり】」や「【日本語教師向け】履歴書の志望動機や自己PRの書き方は?」をご覧ください。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文1> 前職の日本語学校では、できない人に対して突き放すような、厳しい態度を取る職員が多く、相談やコミュニケーションによって解決していこうという姿勢はありませんでした。私は周りのスタッフと連携を取りながら仕事を進めたいと考えておりますので、「チームワーク」を大切にしている日本語学校で働きたいと思い、転職を決意した次第です。貴校ではチームワークが重視され、協調性のある人材を求めていると募集要項で拝見しています。貴校に入社後は、前職で培いました「日本語の指導力」を活かして、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文2> 前職では「残業するのが当たり前」という社風だったので、上司より先には帰りにくい雰囲気でした。そのため、月平均で○○時間以上の残業が常態化していました。残業をすること自体は否定しませんが、もっと効率的に仕事を進められるのではないかと考え、転職を決意した次第です。貴校では、業務効率化のために積極的な取り組みを行っていると、ホームページで拝見しております。貴校に入社後は、メリハリを持って業務に取り組み、より高い成果を挙げたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文3> 英語力を活かして働きたいと思い、貴校への転職を決意しました。現在、○○社の貿易事務として、輸送業務に従事しております。海外の企業とのやり取りには基本的に英語が使用されているため、おのずと英語力が向上し、現在では『ネイティブスピーカー』と区別がつかないほど成長しております。貴校に入社後は英語力の高さを活かして、日本語を母国語としない方々に「日本語を教える日本語教師」として活躍したいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文4> 今より安定した働き方をしたいと考え、転職を決意しました。現在、○○〇で派遣社員として働いています。私が勤める○○〇には“正社員登用制度”がないため、どれだけ成果を上げても正規雇用になることはありません。ですので、正社員を目指すのであれば転職するしかないという結論に至りました。貴校に入社後は、日本語の指導力を活かして、生徒たちの日本語能力の向上をサポートしていきたいと考えております。   ※転職理由ではなく、志望動機の例文の例文について知りたい方は、「日本語教師の志望動機を教えて!」や「未経験の職種・業種へ転職する際の志望動機と自己PRのポイント【例文付き】」、もしくは「【例文付き】学校事務の志望動機の書き方」や「【例文25選】志望動機・理由の書き方、伝え方」をご覧ください。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点 次は、「転職理由を伝える際の注意点」をご紹介します。転職理由を伝える際は、以下のポイントに注意してくださいね。なお、日本語教師の面接でよくある質問について知りたい方は「日本語教師の面接でよくある質問集とポイント」や「日本語教師からのリアルな転職先と面接通過のポイント」をご覧ください。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点1】愚痴や悪口を言わない 転職理由で愚痴や悪口を言うことはNG。たとえ相手が悪くても面接官には関係ありません。「愚痴や悪口を言う人」は面接官に悪い印象を与えるだけです。転職理由では「愚痴や悪口」を言わないようにしましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点2】嘘をつかない 転職理由で嘘をつくと、ロクなことがありません。バレないと思っても入社後にバレる可能性があります。転職理由で嘘をつくことは絶対にやめておきましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点3】例文を丸暗記する 転職理由が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸暗記するのはNG。面接官は何人もの転職理由を聞いているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸暗記して言うことは、やめておきましょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく転職理由を伝える自信のない方へ 日本語教師への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語教師への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語教師への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で必ず質問される転職理由とは? 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を聞かれたときの答え方 日本語教師を目指す未経験者必見|なぜ面接で転職理由を聞くの? 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える転職理由の例文 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で転職理由を伝えるときの注意点 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく転職理由を伝える自信のない方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

日付2023/11/21/

未経験

日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方とは?

面接で自己PRを聞かれたら… どのように答えればいい? このような疑問にお答えします。 この記事では、日本語教師への転職を考えている方に向けて「面接官を惹きつける自己PRの答え方」をご紹介します。後半部分では「面接で評価される自己PRのポイント」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、日本語教師になる方法について知りたい方は「未経験で日本語学校の日本語教師になるには?」や「184名に”日本語教師の採用試験に合格するコツ”を聞いてみた!」をご覧ください。 【目次】 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方を紹介する前に 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方1】結論 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方2】理由 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方3】応募先の日本語学校で活かせること 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRにするためのポイント 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント1】応募先の日本語学校が求める人物像の要素を書く 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント2】客観的な評価を伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント3】身につけているスキルを伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント4】実績を伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント5】入社後のことを伝える 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で自己PRを聞かれても困らないために 【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法1】自分の強みを聞く 【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法2】成功体験を思い返す 【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法3】成果や実績を整理する 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント2】客観的な根拠はあるか 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント3】入社意欲 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える自己PRの例文 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく自己PRを伝える自信のない方へ まとめ     日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方を紹介する前に まずは、「自己PR」について解説します。自己PRとは「自分の良さ」をアピールすることです。具体的には、面接官に“自分の強み”や“専門性”を伝えて「いかに活躍できるのか」を売り込んでいくことになります。自己PRでは、面接官に評価されるかどうかが重要。単に自分の魅力を伝えるだけではなく、日本語学校が求める人物像に合わせてアピールしましょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方 自己PRは構成が大切です。話の構成がしっかりしていれば魅力的な自己PRになります。したがって、自己PRを伝える際には流れを意識し、簡潔に伝えるようにしましょう。以下面接官を惹きつける自己PRの流れです。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方1】結論 まずは結論から述べてください。結論ファーストは物事をわかりやすく伝えるための技法。結論から先に述べることで論理的に要点を伝えることができます。ですので、自己PRを伝える際は結論から述べてくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方2】理由 理由とは、上述した結論に対する理由です。つまり裏付けとなるものを指します。「なぜそのような強みがあるのか」「なぜそのような人物なのか」を具体的に述べましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方3】応募先の日本語学校で活かせること 最後に、あなたの強みや人間性を「応募先の日本語学校でどう活かせるのか」を伝えます。こちらも理由と同じく、具体的に述べてください。抽象的な言い方をすると、かえって面接官の心証を損ねますので、注意してくださいね。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRにするためのポイント ここでは、「面接で評価される自己PRにするためのポイント」をご紹介します。ぜひ、この内容を参考にして自己PRを作成してくださいね。なお、日本語教師に転職する際の絞動機について知りたい方は「日本語教師の志望動機と例文・面接で模擬授業はある?」や「履歴書の志望動機、職務経歴書の自己PR、日本語教師養成講座修了の書き方など」、もしくは「もう迷わない!日本語教師になりたい人必見の志望動機例とポイント」や「日本語教師の履歴書の書き方とは」をご覧ください。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント1】応募先の日本語学校が求める人物像の要素を書く 面接官は優秀な人材だと思っても、学校の雰囲気に合わなければ採用しません。一方で、学校の雰囲気にマッチする人材であれば、多少スキルが足りなくても採用します。ですので、自己PRを考える際は、応募先の日本語学校が求める人物像を調べ、「マッチする人材であること」をアピールしましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント2】客観的な評価を伝える 客観的な評価は、自己評価よりも効果的にアピールできる方法です。したがって、自己PRには、客観的な評価を含めるといいでしょう。自分以外の客観的な評価を伝えると、情報に厚みが生まれますよ。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント3】身につけているスキルを伝える スキルは、あなたの強みを大いにアピールできます。ですので「語学力」「パソコンスキル」「コミュニケーション能力」など、アピールできるスキルがある方は積極的に伝えましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント4】実績を伝える 実績はスキルと同様に、あなたの強みをアピールする重要な要素です。前職での具体的な実績を記載することで、入社後にも活躍できる根拠を提供できます。特に、数字を用いて実績をアピールすることは効果的です。具体的な実績を挙げることで、あなたの能力と価値をより具体的に示すことができるでしょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRのポイント5】入社後のことを伝える 自己PRで入社後のことを伝えると効果的。面接官に入社意欲を伝えることができます。ですので、自己PRでは入社後のことまで伝えてくださいね。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で自己PRを聞かれても困らないために 自己PRが思いつかない場合は、どうすればいいのでしょうか。ここでは、「自己PRが思いつかないときの対処法」をご紹介します。自分の強みがわからない方は、ぜひこの方法を参考にしてくださいね。なお、日本語学校の採用面接について知りたい方は「日本語学校の採用面接(未経験者編)」をご覧ください。   【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法1】自分の強みを聞く 自分一人で強みを考えると、客観性に欠けた内容になる可能性があります。ですので、強みは自分一人で考えず、誰かに聞いてみるといいでしょう。他人に自分の強みを尋ねるのは恥ずかしいと思いますが、自分では気づかない意外な強みを教えてくれるかもしれませんよ。「【日本語教師向け】履歴書の志望動機や自己PRの書き方は?」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法2】成功体験を思い返す 自分の強みを探すには「過去の成功体験をもとに考える方法」がおすすめです。なぜなら過去の成功体験には、あなたの強みが潜んでいる可能性があるからです。また、過去の成功体験から強みを見つけると、その強みを裏付けるエピソードを整理しやすくなります。したがって、成功体験を思い返して強みを考える方法は非常におすすめです。   【日本語教師を目指す未経験者必見|自己PRが思いつかないときの対処法3】成果や実績を整理する 成果や実績は、自己PRの説得力を高める要素。具体的な実績を示すことで、自分の能力や経験を証明できます。したがって、自己PRを考える前に、これまでの成果や実績を整理してください。成果や実績は、自己PRを具体的かつ魅力的にするのに役立つでしょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント 面接官は自己PRのどこを見ているのでしょうか。ここでは、「面接官が自己PRで見ているポイント」をご紹介します。自己PRを考える際は、このポイントを意識してくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント1】自己分析力 自己PRは自分のいいところを伝えていくもの。つまり自己分析が必要になります。そのため、面接官は自己PRを通じて応募者の自己分析力をチェック。「自分を把握できているか」「自分を過大評価していないか」などを確認します。自己分析力が高い人は、教育現場でも活躍できる人材だと考えられるため、高い確率で採用してもらえるでしょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント2】客観的な根拠はあるか 自己PRでは、自分のことをよく見せようとするあまり、大袈裟に話す傾向があります。そのため、面接官は自己PRを聞きつつ、その話に客観的な根拠はあるのかをチェックしています。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント3】入社意欲 転職において最も重要なことは入社意欲。「どれだけ熱い想いがあるのか」になります。応募者の中には何社も面接を受けているため、入社意欲が低い人もいます。ですから、面接官は自己PRを通じて、応募者にどれだけ入社意欲があるのかをチェックしているのです。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える自己PRの例文 続きましては、「面接で使える自己PRの例文」をご紹介していきますね。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える自己PRの例文1> 私の強みは責任感が強いことです。私は学生時代、学習塾でアルバイトをしておりました。学習塾の授業では、「自分の指導が生徒の技術に影響を与える」と常に考え、事前に教える内容を必ず確認し、正しい知識を再確認する作業をしておりました。そのおかげで、あるとき自分がこれまで正しいと思っていた知識が少しずれていたことに気付き、生徒に誤った知識を与えずに済んだことがありました。これは自身の責任感のもと、事前準備を怠らなかった結果だと考えております。貴校に入社後は、この責任感の強さを活かして日本語教師に求められていることを幅広く実践し、生徒たちのサポートをしていきたいと考えています。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える自己PRの例文2> 私の強みはリーダーシップがあるところです。前職の○○では、自分以外のスタッフはすべてアルバイトだったので、自然にリーダーの立場を取ることになりました。始めは何から手をつけたら良いか分かりませんでしたが、リーダーとして率先して「メンバーの意見を引き出す」など、できることから取り掛かりました。その結果、売上目標達成に加え、問題が起こった際には必ず相談してもらえる関係性を築くことができました。貴校に入社後はリーダーシップを発揮し、日本語教師として、いち早く貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。 ※自己PRの例文について詳しく知りたい方は、「日本語教師の転職と志望動機の書き方(例文あり)」や「受かる自己PRの例文と書き方」、もしくは「未経験の職種・業種へ転職する際の志望動機と自己PRのポイント【例文付き】」をご覧ください。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく自己PRを伝える自信のない方へ 日本語教師への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語教師への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語教師への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方を紹介する前に 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官を惹きつける自己PRの答え方 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される自己PRにするためのポイント 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で自己PRを聞かれても困らないために 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官が自己PRで見ているポイント 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える自己PRの例文 日本語教師を目指す未経験者必見|面接官にうまく自己PRを伝える自信のない方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

日付2023/11/21/

未経験

日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方

面接で志望動機を聞かれたら… どのように答えればいい? このような疑問にお答えします。 この記事では、日本語教師への転職を考えている方に向けて「志望動機の答え方」をご紹介します。後半部分では「面接で使える志望動機の例文」や「面接で志望動機を伝える際の注意点」をご紹介しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。なお、日本語教師になる方法について知りたい方は「【体験談】日本語教師の採用試験に未経験で合格。合格への道のりを解説」や「【未経験×日本語教師】日本語学校への就職活動で私がしたこと」をご覧ください。 【目次】 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方を紹介する前に 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方1】結論から言う 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方2】ロジカルに話す 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方3】簡潔に話す 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方4】志望動機を明確に伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方5】入社後に実現したいことを伝える 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方6】大きな声でハキハキと話す 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方7】自分なりの経験談を盛り込む 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える志望動機の例文 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点1】例文の通りに言う 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点2】待遇に関する内容は避ける 【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点3】職場を学校と勘違いしている内容は避ける 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える自信のない方へ まとめ     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方を紹介する前に まずは、志望動機について説明します。志望動機とは、応募先の企業で「なぜ働きたいのか」を伝えることです。採用担当者は応募者から志望動機を聞き、確認することによって「自社への理解度」や「入社意欲の高さ」を見ようとしています。ですので、志望動機で大切なことは、採用担当者に「この人と一緒に働きたい!」と思わせられるかどうかです。転職する際は、このポイントを意識して志望動機を伝えましょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方 それでは、「面接で評価される志望動機の答え方」をご紹介します。面接に臨む際は、以下のポイントを意識してくださいね。なお、日本語教師の面接でよく聞かれる質問については「【日本語教師60名が回答】日本語学校の面接や模擬授業で聞かれやすい質問と対策」や「日本語教師をしている方の体験談」、もしくは「【日本語教師の面接】質問内容や服装について採用担当が解説」をご覧ください。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方1】結論から言う 1番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『結論から言う』です。まずは結論から述べてください。結論ファーストは物事をわかりやすく伝えるための技法。結論から述べることで論理的に要点を伝えることができます。ですので、志望動機は結論から伝えてくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方2】ロジカルに話す 2番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『ロジカルに話す』です。志望動機とは事前に決めているもの。急に聞かれた質問ではありません。ですので、ロジカルに話せないと「物事をしっかりと伝えられない人」。もしくは「準備をしていない怠け者」と評価され、それだけで不採用になるかもしれません。ですから、大事なことは事前に練習をしておくことです。志望動機を論理的に話せるようになるまで訓練しておきましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方3】簡潔に話す 3番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『簡潔に話す』です。志望動機を伝える際はシンプルに話すのがベスト。だらだら話すと、何が言いたいのか曖昧になり、志望動機が伝わりません。ですので、志望動機は時間を意識して伝えましょう。志望動機の理想は「1~3分」以内に収めることですよ。「日本語教師の面接でよくある質問集とポイント」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方4】志望動機を明確に伝える 4番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『志望動機を明確に伝える』です。当たり前のことですが、応募先の企業を選んだ理由は明確でなければいけません。例えば、「経営理念に共感した」という理由だけでは、どの企業でも使えるようなワードと捉えられてしまうためNGです。あなたならではの思いがまったく伝わらない上、「きちんと弊社の下調べをしていないの?」と疑問を持たれてしまいます。採用担当者の心証を損ねないためにも、応募先の企業を志望した理由は明確に伝えましょう。「【日本語教師】履歴書の志望動機、職務経歴書の自己PR、日本語教師養成講座修了の書き方など」や「日本語教師の履歴書の書き方とは」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方5】入社後に実現したいことを伝える 5番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『入社後に実現したいことを伝える』です。入社後の目標を述べることで、採用担当者に熱意を伝えることができます。そのため、とても印象の良い志望動機になりますよ。志望動機では「自分が何を達成したいのか」「どのように貢献したいのか」を必ず伝えましょう。「【日本語教師向け】履歴書の志望動機や自己PRの書き方は?」や「教員・教師の志望動機の書き方【例文あり】」でも同様のことを伝えています。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方6】大きな声でハキハキと話す 6番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『大きな声でハキハキと話す』です。声を大きくし、はっきりとした発音で話すことは、自分の情熱を相手に伝える助けになります。したがって、面接で志望動機を伝える際には「大きな声でハキハキと話すこと」を意識してください。大きな声で話せば、採用担当者にポジティブなエネルギーが伝わるでしょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方7】自分なりの経験談を盛り込む 7番目にご紹介する面接で評価される志望動機の答え方は『自分なりの経験談を盛り込むこと』です。志望する企業の良いと思った点は、どうしても他の志望者と似通った内容になりがち。そのため、志望動機には「あなたならではの経験談」を入れるといいでしょう。自分なりの経験談を盛り込むと「オリジナリティのある志望動機」になり、採用担当者の印象に残りやすくなりますよ。「もう迷わない!日本語教師になりたい人必見の志望動機例とポイント」や「日本語教師の転職と志望動機の書き方(例文あり)」や「未経験で日本語学校の日本語教師になるには?」でも同様のことを伝えています。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える志望動機の例文 続きましては、「面接で使える志望動機の例文」をご紹介していきますね。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える志望動機の例文1> 高いレベルの授業を展開している点に魅力を感じ、貴スクールを志望いたしました。貴スクールでは、「多様な国籍」や「文化背景」を持つ生徒たちとの学習環境が提供されております。異なるバックグラウンドを持つ生徒と接することで、言語教育のアプローチをより豊かに学び、他の教育機関では得られない経験を積むことができると確信いたしました。したがって、貴スクールを志望した次第です。貴スクールに入社後は、生徒一人ひとりのニーズに応えつつ、効果的な教育カスタマイズを提供したいと考えております。   <日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える志望動機の例文2> 貴校が「日本語教育」に秀でた日本語学校であるため、志望いたしました。貴校では、従来の教育方法にとらわれず、学生が日本語をより効果的に習得できるプログラムを実践しております。貴校の革新的な教育方法は、学生が日本語を習得するため、非常に効果的であると感じています。したがって私は、貴校への入社を決意いたしました。貴校に入学後は、貴校の独自のプログラムを通じて、日本語教育の最新トレンドや教育方法を習得し、生徒たちに革新的で効果的な教育を提供できるよう努力いたします。   ※志望動機の例文について詳しく知りたい方は、「日本語教師の志望動機と例文・面接で模擬授業はある?」や「日本語教師の志望動機を教えて!」、もしくは「【新卒】日本語教師として日本と海外の橋渡しをしたい」をご覧ください。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点 ここでは、「面接で志望動機を伝える際の注意点」をご紹介します。志望動機を伝える際は、以下の点に注意してくださいね。なお、日本語教師の採用試験に合格するコツについては「日本語教師の採用試験に合格するコツ”を聞いてみた」や「日本語教師の就職活動は他業界とどう違う?面接や模擬授業の心構え」をご覧ください。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点1】例文の通りに言う 志望動機を伝える際の注意点1つ目は『例文の通りに言う』です。志望動機が考えつかないからといって、ネットで調べた例文を丸暗記するのはNG。採用担当者は何人もの応募者を見ているため、すぐに気づきます。ネットに掲載されている例文を丸暗記することは、やめておきましょう。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点2】待遇に関する内容は避ける 志望動機を伝える際の注意点2つ目は『待遇に関する内容は避ける』です。志望動機で「給与」や「残業時間」などの待遇ばかりをアピールするのは避けましょう。なぜなら、待遇面にしか興味がないと思われてしまう可能性があるからです。たった一言で印象が悪くなる可能性がありますので、十分に注意してくださいね。   【日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える際の注意点3】職場を学校と勘違いしている内容は避ける 志望動機を伝える際の注意点3つ目は『職場を学校と勘違いしている内容は避ける』です。志望動機に「学びたい」や「勉強させてほしい」という文言を入れることはおすすめしません。このような内容は「職場を学校と勘違いしている」と受け取られてしまう可能性があります。上昇志向があることは大切ですが、勉強熱心であることをアピールしたつもりが、かえってマイナスの評価を受けることもあり得ますので注意しましょう。     日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える自信のない方へ 日本語教師への転職を考えている方には、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントを活用すると、転職に関するアドバイスだけでなく、「履歴書の作成」や「面接の練習」なども行ってくれます。また転職エージェントには、求人サイトには掲載されていない「非公開求人」が存在するため、競争率が低い「優良企業の求人」を紹介してくれるかもしれません。日本語教師への転職を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう。なお、当サイトは日本語教師に特化した転職支援サービスです。希望条件に沿った求人情報を提供するだけでなく、丁寧なカウンセリングを通じてあなたの強みや適性を見極め、ぴったりの求人をご紹介しています。日本語教師への転職を希望する方は、ぜひ「会員登録」からご相談ください。教育業界での新たなキャリアに向け、一緒に歩んでいきましょう。     まとめ では、これまでの内容をまとめると 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方を紹介する前に 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で評価される志望動機の答え方 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で使える志望動機の例文 日本語教師を目指す未経験者必見|面接で志望動機を伝える自信のない方へ 以上になります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

全3件 1〜3件を表示

日本語教師転職会員登録